blog index

オモシロ遊びを探索中・・・

コメントお待ちしてます♪
<< 大原へ行く1〜大原女に変身〜 | main | 大原へ行く3〜夕立〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大原へ行く2〜大原を歩く・宝泉院〜
私達の出足が遅かったのか、衣装を着て出発してから、他の大原女の姿はなく、
とにかく目立っていたらしい・・。


遠くからシャッターの音が聞こえたり、中には「あれって素人さん?」(素人さんって・・(笑)) というささやき声や、「一緒に写真を撮ろう」なんていう事もしばしば。

おじさん、おばさんから「かわいい、かわいい」と、普段なら周囲に笑い飛ばされそうな聞きなれない言葉を言っていただき、自分が本当にかわいいのかと錯覚するくらいでした。

但し、若い人や外人らは眼中になかったようです(>_<)
そんな事はさておき、私達はてくてくと、お菓子・お抹茶付きという言葉に惹かれて宝泉院へ歩いていきました。


大原女を着付けてくれたおばちゃんから、「くれぐれも正座とかしないように」などと言われていたのに、草鞋(わらじ)を脱ぐ羽目になってしまったのですが、入ってみるとすごい!!一面が写真のような、絵のような、なんともいえない美しい庭園が目に飛び込んできました。

この右の写真の五葉松。
近江富士を模ったその大木は、樹齢なんと700年にも
及ぶそうです。玄関のほうから見ると家屋が隠れてしまう程の大きさで、写真を撮るのも皆さん苦労してました。

そしてなんといっても、目の前の竹林はとにかく圧巻です。
正座して和菓子とお茶を飲みながら、ゆっくり景色を眺めていると、急に風が吹き、竹の葉が舞っていたのがとても綺麗で、何かの映像を見ているようでした。



お茶を堪能した後は、水琴窟を聞いたり、石盤を叩いて遊んだり、血天井を見てゾッとしたり、楽しめました。





| OL28歳(*^^)v | 京都遊び | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:30 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://oldayo.jugem.jp/trackback/58
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ